産経ニュース

【天皇陛下譲位】大嘗祭は来年11月14日軸 宮内庁提案へ 「即位の礼」は分離、10月に

ライフ ライフ

記事詳細

更新

【天皇陛下譲位】
大嘗祭は来年11月14日軸 宮内庁提案へ 「即位の礼」は分離、10月に

1990年11月22日、大嘗祭「悠紀殿供饌(ゆきでんきょうせん)の儀」のため純白の祭服で悠紀殿に向かわれる天皇陛下(左)=皇居・東御苑 1990年11月22日、大嘗祭「悠紀殿供饌(ゆきでんきょうせん)の儀」のため純白の祭服で悠紀殿に向かわれる天皇陛下(左)=皇居・東御苑

 一方、明治期までは多くの事例で、即位の礼と大嘗祭が別の時期に行われてきた。即位の礼(近代以前の即位式)は即位から数カ月以内が大半を占めるのに対し、大嘗祭は平安時代の儀式書「延喜(えんぎ)式」で、新天皇の即位が7月以前ならその年に、それより後なら翌年と定められていたためだ。

 こうした過去の事例も踏まえ、宮内庁は当初、来年4月1日にご即位の場合は、同月中に即位の礼、11月に大嘗祭というスケジュールを検討。「同年に日本で実施される20カ国・地域(G20)首脳会議など国際会議の前のお披露目が望ましい」(宮内庁幹部)ことも背景にあった。その後、陛下の4月30日譲位、皇太子さまの5月1日ご即位が決まったため、改めて庁内で再検討を行った。

 その過程で、大嘗祭は近世までの慣例で旧暦11月の2回目の「卯の日」に挙行されてきたことから、新暦の「二の卯」にあたる来年11月14日を軸とする案が浮上。一部に例年、新嘗祭を行う同月23日を推す声もあり、調整を進める。

続きを読む

関連トピックス

「ライフ」のランキング