産経ニュース

【天皇陛下譲位】大嘗祭は来年11月14日軸 宮内庁提案へ 「即位の礼」は分離、10月に

ライフ ライフ

記事詳細

更新

【天皇陛下譲位】
大嘗祭は来年11月14日軸 宮内庁提案へ 「即位の礼」は分離、10月に

1990年11月22日、大嘗祭「悠紀殿供饌(ゆきでんきょうせん)の儀」のため純白の祭服で悠紀殿に向かわれる天皇陛下(左)=皇居・東御苑 1990年11月22日、大嘗祭「悠紀殿供饌(ゆきでんきょうせん)の儀」のため純白の祭服で悠紀殿に向かわれる天皇陛下(左)=皇居・東御苑

 新天皇となる皇太子さまが初めて執り行う新嘗祭(にいなめさい)「大嘗祭」(だいじょうさい)について、宮内庁が来年11月14~15日を軸に検討を始めたことが5日、分かった。国内外に広く即位を宣明される「即位礼正殿(せいでん)の儀」を中心とする「即位の礼」は大嘗祭と分離する形で同10月に行う方向。菅義偉官房長官をトップとする譲位・即位関連儀式の日程などを検討する組織で、宮内庁側が提案するとみられる。

 即位の礼と大嘗祭は、明治期に皇位継承に関する法令を定めた「登極令(とうきょくれい)」(昭和22年廃止)で秋から冬の間に行うと定めていた。大正は即位の礼が11月10日、大嘗祭が同14日と近接する日程で挙行。昭和も同様のスケジュールが組まれた。いずれも京都で行われたため、参列する関係者への配慮もあったとされる。登極令が廃止された平成は11月12日と22日に、それぞれ執り行われている。

続きを読む

関連トピックス

「ライフ」のランキング