産経ニュース

【国民栄誉賞】「大きな誇り」羽生善治棋聖が会見 次の目標は「公式戦1400勝」

ライフ ライフ

記事詳細

更新

【国民栄誉賞】
「大きな誇り」羽生善治棋聖が会見 次の目標は「公式戦1400勝」

会見で記者の質問に笑顔を見せる羽生善治棋聖=5日午後、東京・千駄ヶ谷の将棋会館(酒巻俊介撮影) 会見で記者の質問に笑顔を見せる羽生善治棋聖=5日午後、東京・千駄ヶ谷の将棋会館(酒巻俊介撮影)

 将棋で史上初の「永世七冠」を達成し、国民栄誉賞授与が正式に決まった羽生善治(はぶ・よしはる)棋聖=竜王=が5日、東京・千駄ケ谷の将棋会館で記者会見し、「たいへん栄誉ある賞をいただき、驚きと同時にうれしく思っています」と喜びを語った。

 濃紺のスーツ姿で現れた羽生棋聖は、日本将棋連盟から贈られた花束を笑顔で受け取った。

 会見では、同じく授与が決まった囲碁の井山裕太十段にも言及。「井山さんは現在進行形で囲碁の歴史を作られている棋士。その方と同じ日にこの賞をいただけるというのは、私にとっても大きな誇りになりました」と述べた。

 1月4日現在、羽生棋聖の通算成績は1391勝563敗。次の目標について、「公式戦1400勝が目標。棋士として精進を重ねたい」と意気込みを語った。

 羽生棋聖は昨年12月に竜王位を奪取。通算7期の竜王位獲得により「永世竜王」の資格を得たことで、前人未到の「永世七冠」を達成した。

このニュースの写真

  • 「大きな誇り」羽生善治棋聖が会見 次の目標は「公式戦1400勝」
  • 「大きな誇り」羽生善治棋聖が会見 次の目標は「公式戦1400勝」

「ライフ」のランキング