産経ニュース

【教育動向】2018年の教育 高校の授業が大きく変わり始める!

ライフ ライフ

記事詳細

更新

【教育動向】
2018年の教育 高校の授業が大きく変わり始める!

2018年を迎えました。教育界では今年から、さまざまなことが大きく動き出すことが予想されます。その最たるものが、高校の授業改革です。

「大学入学共通テスト」最初の学年が4月に入学

小・中学校の新しい学習指導要領(それぞれ2020年度、21年度から全面実施)は既に昨年の3月に告示されていますが、高校は作業の関係で1年遅れて、今年の3月までに告示される予定です。近く改訂案が公表され、パブリックコメント(意見公募手続)に掛けられることでしょう。

しかし高校は、既に変化を迫られています。高校教育・大学教育・大学入学者選抜の3者を一体で改革する「高大接続改革」に基づき、大学入試センター試験が2021(平成33)年1月から「大学入学共通テスト」に切り替わるなど、入学者選抜制度が大きく変わるからです。その対象になる最初の学年が、今年4月の高校入学生なのです。

新指導要領の改訂は、高大接続改革と合わせて「車の両輪」だと言われます。実際、両者が相互にリンクしながら、議論が進められてきました。昨年12月に公表された共通テストの試行調査(プレテスト)問題に見られるとおり、思考力・判断力・表現力を問う問題に大きくかじを切ったのには、それが今後の大学教育で一層求められるだけでなく、現行指導要領の「学力の3要素」(<1>知識・技能<2>思考力・判断力・表現力<3>主体的に学習する態度)をパワーアップさせた「資質・能力の三つの柱」(<1>知識・技能<2>思考力・判断力・表現力等<3>学びに向かう力・人間性等)で幼児・児童・生徒を育成するという、新指導要領等の先取りという側面があるからです。

続きを読む

「ライフ」のランキング