産経ニュース

【続・消えるがん消えないがん】非喫煙者を侵す遺伝子変異 たばこと無縁「なぜ肺がんに」

ライフ ライフ

記事詳細

更新

【続・消えるがん消えないがん】
非喫煙者を侵す遺伝子変異 たばこと無縁「なぜ肺がんに」

たばこによるがん死亡率の違い たばこによるがん死亡率の違い

 胃、大腸、肺と3度のがん手術を経験した東京都江東区のタクシー運転手、谷口健一さん(68)。かつてはたばこを1日に1箱吸うスモーカーだった。がんが見つかった後も、即座に禁煙したわけではない。

 谷口さんの最初のがんは18年前。腹痛で近所の診療所を訪ね、胃潰瘍と診断された。薬で痛みを抑えていたが、激痛に襲われた。精密な検査をしてみると、なんと「胃がん」だった。

 都内の病院を紹介されたが、「がんなら専門病院がいいはず」と国立がん研究センター(東京都中央区)を受診。「ステージ3」で胃の3分の2を切った。手術後も喫煙は続けていた。

 「たばこを吸っても、感覚は手術前と同じ。せき込んだりむせたりの症状も出なかったから」

 それでもやめる決意をしたのは、新たに3年前に大腸がんが見つかったときだ。「ステージ3」で、大腸を7センチ切る大手術だった。主治医に「たばこをやめないと、医者に見放されるよ」と冗談とも脅しともつかない注意を受け、「それは困る」と禁煙に踏み切った。その後、肺がんの手術も受けたが、経過も順調で、仕事に復帰を果たした。

 たばことがんの関係は、医療機関でさえ、最近までゆるやかな環境があった。

 「僕が国立がん研究センターに最初に入院したころは、上層階に喫煙室があって、がん患者であふれていた。点滴の管がつながったまま機器をひいて、喫煙室に来る患者もいたほど。そのころは医師もたばこに厳しくなく、『やめろ』とは言わなかった」。谷口さんはこう振り返る。

 今ではがん病棟での喫煙は患者に限らず、ありえない光景となった。喫煙室は屋外に移動し、ついには敷地内でも原則的に許されなくなっている。

 帝京大大学院の矢野栄二教授(公衆衛生)は「たばこ会社もたばことがんの関係については認めているほど、たばことがんの因果関係はすでに医学的には定説となっている」と話す。

 矢野氏によると、がん患者のうち、男性で30%、女性で5%がたばこが原因とみられている。また、厚生労働省が40~59歳の4万人を対象に平成2年から10年間にわたって行った追跡調査(「JPHC」=多目的コホート研究)では、喫煙者のがんでの死亡率は非喫煙者に比べ男性で1・6倍、女性で1・9倍と高いことも示された。

 しかし、近年では「非喫煙者でも肺がんになるケースが増加している」とがん研有明病院(東京都江東区)の西尾誠人医師(呼吸器内科部長)は話す。これにはある遺伝子の変異が関係していた。

続きを読む

このニュースの写真

  • 非喫煙者を侵す遺伝子変異 たばこと無縁「なぜ肺がんに」

関連ニュース

「ライフ」のランキング