産経ニュース

【新春対談】トップ走り続ける桐生祥秀選手 vs 10代戴冠へ一直線の藤井聡太四段

ライフ ライフ

記事詳細

更新

【新春対談】
トップ走り続ける桐生祥秀選手 vs 10代戴冠へ一直線の藤井聡太四段

今年に懸ける思いを文字にした色紙を手にする藤井聡太四段(左)と桐生祥秀選手(古厩正樹撮影) 今年に懸ける思いを文字にした色紙を手にする藤井聡太四段(左)と桐生祥秀選手(古厩正樹撮影)

 昨年、陸上界と将棋界で大記録が生まれた。桐生祥秀選手(22)が日本学生対校選手権100メートルで9秒98の日本記録を樹立し、日本人で初めて「10秒の壁」を破った。史上最年少棋士の藤井聡太四段(15)はデビュー以来負けなしで、30年ぶりに将棋界最多連勝記録を更新する29連勝を達成。陸上界と将棋界の“2人の若き天才”に、今年に懸ける思いや2020年東京オリンピック、そして、女性観について語り合ってもらった。(司会 論説委員・森田景史)

 --新年おめでとうございます。偉大な記録を達成されて迎えた新年です

 桐生 陸上界ではこれまで、10秒を切るのは誰か、という話題が一番でした。次の話題は何だろうと、自分の中でも楽しみができました。桐生という名だけになるのか、他の方々が出てきて勝負するのかという楽しみもあります。頑張りたい。

 藤井 昨年はたくさんの貴重な経験をさせていただき、大きく成長できた一年でした。気持ちを新たに、一歩一歩強くなることを目指していきたいと思います。

 --お互いの大記録をどう感じますか

 桐生 すごいと思いました。私は日本選手権で2連覇もしたことがないのに“29連覇”なんて。

 藤井さんは連勝中、例えば10連勝のとき、ちょっと余裕があるような気持ちはあったんですか。陸上は予選があり、ちょっとここで休憩しても勝てるな、とか。

続きを読む

このニュースの写真

  • トップ走り続ける桐生祥秀選手 vs 10代戴冠へ一直線の藤井聡太四段
  • トップ走り続ける桐生祥秀選手 vs 10代戴冠へ一直線の藤井聡太四段
  • トップ走り続ける桐生祥秀選手 vs 10代戴冠へ一直線の藤井聡太四段

「ライフ」のランキング