産経ニュース

【料理と酒】白子とホタテとエビの柚子釜蒸し

ライフ ライフ

記事詳細

更新

【料理と酒】
白子とホタテとエビの柚子釜蒸し

きれいな黄色が食卓を引き立てる、白子とホタテとエビの柚子釜蒸し きれいな黄色が食卓を引き立てる、白子とホタテとエビの柚子釜蒸し

 あけましておめでとうございます。今年もお酒に合う美味しい料理を紹介していきますので、よろしくお願いします。

 年初第1弾は柚子釜蒸しです。柚子の果肉をくりぬいて器として活用します。きれいな黄色が食卓を引き立て、お正月らしさを演出してくれます。

海鮮を中心とした具材はそれぞれきちんと下処理をして臭みを抜くことがポイントです。海鮮の具材として今回は白子、ホタテ、エビを入れましたが、白身魚などなんでも構いません。最後に薄く味付けただしを、吉野葛でとろみをつけた「銀餡」をかけて5分ほど蒸しあげます。爽やかな柚子の香りと酸味が、やさしい味の銀餡と相まって、うまく具材をまとめ上げます。

 お酒はやはり日本酒が間違いありません。お気に入りの杯に、とっておきの日本酒を注いで、新年をお喜びください。(速水裕樹)

【材料】2人分

柚子…2個

白子…2房

ホタテ…2玉

エビ…2尾

かきの木茸…1房

紫小カブ…2玉

昆布とカツオのだし…1カップ

白醤油…小さじ2

酒…小さじ2

みりん…小さじ1

吉野葛…適量

【作り方】

1.タラの白子は、軽く水洗いした後、熱湯に30秒ほど入れてすぐに氷水に取り、キッチンペーパーで水気を拭く

2.ホタテはザルに乗せて、上から湯をかける。エビは熱湯に入れてそのまま3分置いてザルにあげる

3.あやめ雪などの紫小カブは、茎を少し残したまま縦半分に切って、エノキ茸の一種のかきの木茸とともにザルに乗せて、上から熱湯をかける

4.柚子を上4分の1のところで水平にカットする。スプーンで中の果肉をくり抜く

5.鍋にだし、白醤油、酒、みりんを入れてひと煮立ちさせる。軽くかき混ぜながら、水で溶いた吉野葛を注ぎ入れて、とろみを付けて銀餡をつくる

6.柚子釜に白子、ホタテ、エビ、カブ、かきの木茸を入れて、(5)の銀餡をかけ入れる

7.蒸し器に入れて、5分蒸す

8.器に乗せて、柚子の蓋を添えてできあがり

【関連ニュース】

【オススメのお酒はこちら!】

「ライフ」のランキング