産経ニュース

【年頭コラム】「トウホク?」外国人に低い知名度 異論あろうが被災地を目玉に  東北特派員 伊藤寿行 

ライフ ライフ

記事詳細

更新

【年頭コラム】
「トウホク?」外国人に低い知名度 異論あろうが被災地を目玉に  東北特派員 伊藤寿行 

東日本大震災以来7年ぶりに行われた請戸漁港の出初め式で風にたなびく大漁旗。後方は東京電力福島第1原発=2日、福島県浪江町 東日本大震災以来7年ぶりに行われた請戸漁港の出初め式で風にたなびく大漁旗。後方は東京電力福島第1原発=2日、福島県浪江町

 昨年、年間の訪日外国人旅行者の数が過去最多を更新した。確定値は集計中で、最終的には2800万人台半ばに上るとみられる。

 今年は3千万人突破が確実視される。東京五輪の開かれる2年後に4千万人台に乗せる政府目標に向けて上積みを重ねている。

 インバウンド(訪日旅行)というカタカナ語も定着した。その経済効果に国中が熱視線を送る。

 そんな中、東北が出遅れた。

 観光庁の宿泊旅行統計によると、平成28年に東北の宿泊施設に泊まった外国人は延べ64万8430人。地方ブロック別では四国に次いで2番目に少ない。

 東日本大震災の前年(22年)からの伸び率も28%にとどまる。150%増を記録した全国から水をあけられた。

 東北は各県とも震災の年に大きく減らした。徐々に持ち直し、ようやく震災前の水準に戻している。東京電力福島第1原発事故が影を落とす福島は微減の秋田を除けば47都道府県で唯一、震災前の実績を回復できていない。

 震災の影響は否定しない。だが、主因はそこではない。

続きを読む

「産経 日本を楽しむプロジェクト」SNSアカウント

公式SNSアカウント

Facebook Twitter

「ライフ」のランキング