産経ニュース

【第89期棋聖戦予選トーナメント】1次予選が終了、2次予選も既に白熱した対局が

ライフ ライフ

記事詳細

更新

【第89期棋聖戦予選トーナメント】
1次予選が終了、2次予選も既に白熱した対局が

 10連覇を達成した羽生善治棋聖(47)への挑戦者を決める第89期棋聖戦の1次予選トーナメントの残り3局が28日、東京・千駄ケ谷の将棋会館で指された。最年少タイトルの期待が懸かった最年少棋士、藤井聡太四段(15)は予選ブロック決勝で敗れたが、2次予選トーナメントは一部が既に行われており、白熱した対局が行われている。

 この日の対局は午前10時からブロック準決勝の日浦市郎八段対石井健太郎五段戦が行われ、石井五段が勝ち、ブロック決勝に駒を進めた。午後2時からの決勝は船江恒平六段対石井五段。船江六段が勝ち、2次予選進出を決めた。

 これで2次予選進出の8人が全て出そろい、2次予選(各ブロック6人)は準決勝から登場する。2次予選の各ブロックは次の通り。

 【(1)ブロック】1次予選からの勝ち上がりは黒沢怜生五段。前々期の五番勝負挑戦者の永瀬拓矢七段を破った藤井猛九段と対戦する。広瀬章人八段は中田宏樹八段を破り、決勝進出を決めている。

 【(2)ブロック】1次予選を勝ち上がった西川和宏六段は阿部隆八段と対戦。王将戦の挑戦者に決まった豊島将之八段は南芳一・九段と準決勝で対戦する。

続きを読む

関連ニュース

「ライフ」のランキング