産経ニュース

【解答乱麻】若者たちの活力を育てる教育は、教師自身の志と生き方から バッカーズ寺子屋塾長・木村貴志

ライフ ライフ

記事詳細

更新

【解答乱麻】
若者たちの活力を育てる教育は、教師自身の志と生き方から バッカーズ寺子屋塾長・木村貴志

 活力があり起業する若者たちの存在もあれば、生きる目的を見いだせず漂うように生きる若者たちの姿もある。活力の無さは表情、声、姿勢、目の輝き、挨拶、会話、様々(さまざま)な所に表れる。若者たちが活力を高める上で大切なポイントが3つある。

 1つ目は、いかに自分の限界を低く決めつけ、人生の可能性を狭めているかに気づかせることだ。人生100年の時代に、たかだか中高6年間の受験勉強の成績や学校での人間関係がうまくいかなかったからといって自分への自信を失い、人生に夢や希望を見いだせない若者たちが生み出されるのは大きな社会的損失だ。「夢とは」「ビジョンとは」「志とは」「失敗とは」「努力とは」「学問とは」「人生とは」、様々な哲学的テーマに真正面から向き合うことで学生たちは深く考え始める。

 私は専門学校で「志」をテーマに全8回の講座を行う。毎回の講座の後で、所謂(いわゆる)、良いことや綺麗(きれい)ごとではなく、本当に感じたこと気づいたこと考えたことを、1200字程度のリポートとして提出を求める。

続きを読む

「ライフ」のランキング