産経ニュース

【話の肖像画】漫画家・矢口高雄(1)40年ぶりに「マタギ」問う

ライフ ライフ

記事詳細

更新

【話の肖像画】
漫画家・矢口高雄(1)40年ぶりに「マタギ」問う

矢口高雄氏(酒巻俊介撮影) 矢口高雄氏(酒巻俊介撮影)

 〈秋田県内陸部の狩り集団を描き、昭和50~51年に週刊漫画誌で連載された「マタギ」が今年10月、文庫の新装版(山と渓谷社)で出版。2カ月で1万7千部を発行した。飲食店でジビエが珍重される一方、地方では熊など獣による被害が相次ぐ現代に問う作品ともなっている〉

 「釣りキチ三平」など、僕の一連の漫画は故郷・秋田県を中心とした自然と人とのつながりを描いています。ただ連載開始から40年以上もたつ作品があり、多くが絶版になった。寂しいけど、電子版では読めるし、これも時代の流れと思っていましたが、うれしいことに復刻されました。作品ではマタギと獣の知恵比べを描きました。主人公の三四郎は「釣りキチ三平」の三平の兄貴分、鮎川魚紳に近いクールさが人気なのかもしれないね。

 僕は貧しい村の農家に生まれました。釣りを教えてくれたのは近所に住むマタギ。村の若者にもらった手塚治虫の漫画にしびれて漫画家を志しました。ただ、中学では優等生で、村で初めて高校に行き、村で初めてエリートとされた銀行員になりました。「漫画家になりたい」とは言いにくかった。

 諦めきれず、漫画誌への投稿が採用されたのを機に、30歳で単身上京してプロデビューしました。妻子もいたのに「なぜそんなばかなことを」と言われたよ。

続きを読む

関連ニュース

「ライフ」のランキング