産経ニュース

子供のおもちゃ選び 困ったときは相談を おもちゃコンサルタントの丹波真理子さん 千葉

ライフ ライフ

記事詳細

更新


子供のおもちゃ選び 困ったときは相談を おもちゃコンサルタントの丹波真理子さん 千葉

クリスマスの飾り付けが施されたプチボナムの店内で、店長の丹波真理子さん(左)と従業員の工藤美由紀さん=千葉市中央区 クリスマスの飾り付けが施されたプチボナムの店内で、店長の丹波真理子さん(左)と従業員の工藤美由紀さん=千葉市中央区

 子供にはおもちゃで楽しく遊んでほしい。だけど、そのおもちゃ選びが意外と難しい-。そんなとき相談相手となってくれる「おもちゃコンサルタント」が千葉市にいる。「プチボナム」(同市中央区新宿)店長の丹波真理子さん(43)。「おもちゃには心や体を成長させる力があると伝えたい」と、電子ゲームにはないおもちゃのぬくもりを伝える。クリスマスを目前に控え、プレゼントに悩む大人たちに頼りにされている。(藤川佳代、写真も)

 大きな木製の扉を開けると、木製玩具やボードゲーム、手作りを楽しめる蜜蝋粘土、光を透す色紙…。輸入物も含め約600種のおもちゃが所狭しと並び、童心を呼び覚まされる。

 丹波さんが同店を開いたのは平成27年8月。きっかけは長女の出産だった。出産後間もなく、自身が紫外線アレルギーを発症し、外で遊ぶことが困難となり、室内で親子楽しく遊ぶ方法を探り始めた。

 都内に住み、出産前は不動産会社に勤務していた丹波さんだが、再就職を考えたとき、待機児童問題に直面した。「おおらかにのびのびと育児がしたい」と、思い切って千葉市内に引っ越した。

 ただ、気に入った品がそろう玩具店が千葉市にはなかった。幼児を連れて都内に買いに行くのも疲れる。そんな悩みをバネに代え、26年におもちゃコンサルタントの資格を取得。病院でのボランティア活動を通じ、おもちゃがつなぐ人と人の交流のすばらしさを知った。

続きを読む

「ライフ」のランキング