産経ニュース

【編集局から】羽生善治棋聖の「まだ分かってない」…次元が違う「孤独」

ライフ ライフ

記事詳細

更新

【編集局から】
羽生善治棋聖の「まだ分かってない」…次元が違う「孤独」

永世七冠を達成し、日本記者クラブで会見する羽生善治氏=13日午前、東京都千代田区(飯田英男撮影) 永世七冠を達成し、日本記者クラブで会見する羽生善治氏=13日午前、東京都千代田区(飯田英男撮影)

 「やはり将棋そのものを本質的にどこまで分かっているかといわれれば、分かっていないのが実情」。この言葉を聞いたとき、背筋がゾゾッとしました。

 竜王の座を得て永世七冠を手にした羽生善治棋聖の会見での言葉です。1タイトルの獲得さえ困難なのに、現在ある永世タイトルを全て手に入れ、形容する言葉が見つからない偉業を成し遂げた直後の「分かっていない」です。

 2度目の七冠制覇という偉業を達成した囲碁の井山裕太十段と並んで、国民栄誉賞を検討されています。

 彼らのいる地平は次元が違い、それは孤独だろうな、と想像します。伝える立場としては、何とか自分たちとの共通点を見つけ、理解を図りたいのですが、これが難しい。

 「このすごさがどうしたら伝わるか」。13日に行われた井山十段の七冠再制覇祝賀会の帰途、囲碁好きの同僚と居酒屋での会話は尽きません。(副編集長 小川記代子)

関連ニュース

「ライフ」のランキング