産経ニュース

羽生善治棋聖、国民栄誉賞検討に「光栄なこと」 初の将棋永世七冠の会見で「感慨深い」

ライフ ライフ

記事詳細

更新


羽生善治棋聖、国民栄誉賞検討に「光栄なこと」 初の将棋永世七冠の会見で「感慨深い」

永世七冠を達成し、日本記者クラブで会見する羽生善治氏=13日午前、東京都千代田区(飯田英男撮影) 永世七冠を達成し、日本記者クラブで会見する羽生善治氏=13日午前、東京都千代田区(飯田英男撮影)

 将棋界史上初の「永世七冠」を達成し、国民栄誉賞の授与が検討されている羽生善治氏(47)が13日、東京都千代田区の日本記者クラブで会見し、「30年以上にわたって棋士生活を続け、大きな地点にたどり着くことができた。感慨深く思っています」と述べた。

 永世称号制度のある7タイトル(竜王、名人、王位、王座、棋王、王将、棋聖)全てを手にした羽生氏は会見場に普段通り、淡々とした表情で現れ、記者の質問には時折、笑顔を交えて話した。

 将棋界初の国民栄誉賞が検討されていることを巡っては「驚いたし、光栄なことと思った。将棋が幅広い人に楽しんでもらえるものであり続けられるよう、これからも頑張っていかなければならない」と決意を語った。

 囲碁で初めて2度目の全七冠独占を達成した井山裕太氏(28)と同時授与となることについて「まさに新記録を塗り替え続けている。隣の世界だが、すばらしい棋士だと思う」と感想を述べた。

このニュースの写真

  • 羽生善治棋聖、国民栄誉賞検討に「光栄なこと」 初の将棋永世七冠の会見で「感慨深い」

「ライフ」のランキング