産経ニュース

将棋・羽生さん、囲碁・井山さんに国民栄誉賞の同時授与検討

ライフ ライフ

記事詳細

更新


将棋・羽生さん、囲碁・井山さんに国民栄誉賞の同時授与検討

羽生善治氏(左)、井山裕太氏 羽生善治氏(左)、井山裕太氏

 政府は、将棋で史上初の「永世七冠」を達成した羽生善治棋聖(47)と、囲碁で2度の七冠独占を果たした井山裕太十段(28)に国民栄誉賞を授与する方向で検討に入った。政府関係者が13日、明らかにした。両氏の前人未到の偉業が、将棋界と囲碁界の発展に寄与し、国民に感動や勇気を与えたと評価した。実現すれば、将棋界と囲碁界からの受賞は初となる。

 安倍晋三首相は同日にも、両氏への授与を検討するよう指示する見通し。政府は今後、有識者の意見を聞いた上で正式決定する。授与式は年明けになる予定だ。

 羽生氏は今月5日の第30期竜王戦七番勝負の第5局で竜王位を奪取した。通算7期の竜王位獲得で「永世竜王」の資格も得て、これまでに保持している6つの永世称号を合わせ、前人未到となる「永世七冠」を達成した。

 井山氏は今年10月の第42期名人戦七番勝負の第5局で名人位を奪還し、約1年ぶりに七冠独占を果たした。2度目の七冠同時制覇は囲碁界、将棋界を通じて史上初の快挙だった。

 国民栄誉賞は、昭和52年の創設以来、これまでに24の個人・団体が受賞している。昨年には、リオデジャネイロ五輪レスリング女子58キロ級で金メダルを獲得し、五輪4連覇を達成した伊調馨選手に授与された。

「ライフ」のランキング