産経ニュース

日本海側は大雪警戒を 上空に寒気、冬型強まる

ライフ ライフ

記事詳細

更新


日本海側は大雪警戒を 上空に寒気、冬型強まる

 上空に流れ込む寒気や冬型の気圧配置が強まる影響で、12日は北海道から中国地方の広い範囲で日本海側を中心に大雪になる恐れがある。気象庁は11日、暴風を伴った吹雪や、雪による交通への影響に警戒するよう呼び掛けた。

 気象庁によると、12日は、北日本(北海道、東北)の上空5千メートルに、北からマイナス39度以下の強い寒気が流れ込む。さらに、前線を伴った発達した低気圧が日本海を北東に進み、13日にかけて日本列島周辺は西高東低の冬型の気圧配置が強まる。

 このため、各地で気温が下がり、日本海側では山沿いを中心に大雪になる可能性がある。日本海側では西寄りの風が強くなり、猛吹雪や高波に警戒が必要だ。北海道の各地では11日夕までの24時間降雪量が20センチを超え、北日本では、13日にかけて太平洋側でも大雪が予想されている。

 12日午後6時までの24時間予想降雪量は、いずれも多い所で、東北、北陸70センチ、東海60センチ、近畿50センチ、北海道40センチ、中国30センチ。

「ライフ」のランキング