産経ニュース

野生のサルが神奈川~東京を北上中「箱根駅伝」や「シン・ゴジラ」のコースと同じと話題に

ライフ ライフ

記事詳細

更新


野生のサルが神奈川~東京を北上中「箱根駅伝」や「シン・ゴジラ」のコースと同じと話題に

横浜市内で目撃された野生のサルについて住民に注意喚起する神奈川県警鶴見署のホームページ 横浜市内で目撃された野生のサルについて住民に注意喚起する神奈川県警鶴見署のホームページ

 いま、1匹のサルが世間をにぎわせている。10月上旬から今月にかけて神奈川県から東京都内で目撃情報が相次ぎ、同一個体の野生のニホンザルが北上していると話題に。5日に東京都大田区蒲田付近で目撃されてからは、北上しているコースが映画「シン・ゴジラ」のゴジラのコースと重なるため、ツイッターで「シン・ゴジラの聖地巡礼をしているとしか思えない」などとお祭り騒ぎになっている。

 サルは10月17日に神奈川県平塚市で最初に目撃された。その後、厚木市→横浜市→三浦町→鎌倉市→藤沢市→鶴見区で目撃情報が相次いだ。

 神奈川県警鶴見署はホームページで「注目!野生のサルが出没しています」と紹介。「基本的に臆病な生き物なので、むやみに近づいたり驚かすと過剰に反応して大変危険です。目を合わせず、背中を見せないようゆっくりその場を離れてください」などと呼びかけている。

 東京都内で目撃されたのは今月5日。場所は大田区蒲田で、6日には平和島公園(同区平和島)で発見した大森署員が捕獲を試みたが逃げられた。

 7、8日には港区内に出没。港区の防災危機管理室は「現場に急行しても既に姿がない状態だ。区内でも北上しており、隣の千代田区などに侵入するのは時間の問題では」と話している。千代田区災害対策・危機管理課によると、8日午後11時45分現在、サルの目撃情報は寄せられていない。

続きを読む

関連ニュース

「ライフ」のランキング