産経ニュース

【教育動向】人口知能が人を追い越す時代、何を備える?

ライフ ライフ

記事詳細

更新

【教育動向】
人口知能が人を追い越す時代、何を備える?

人口知能(AI)といっても、もはやSFの世界の話ではありません。

いま大きな書店に行くと、ビジネス書コーナーにはAI関連の本が山積みになっています。小学生が働き始めるころには今ある仕事の半分が入れ替わっているという予測が国内外で出されているばかりか、2045(平成57)年にはAIが人間の能力を追い越す「シンギュラリティー(技術的特異点)」が到来するとさえ言われています。

そんな時代に、子どもたちは何を備えればよいのでしょうか。

その時、今の子どもは働き盛り

2020(平成32)年に16歳となる人(現在の13歳=中学1年生)は、45(平成57)年には41歳になる。その間に、リニアモーターカーは完全自動運転になり(30<平成42>年ごろ)、火星への移住(40<平成52>年ごろ)も現実になっているかもしれない……。

ベネッセホールディングスとソフトバンクが共同で設立した学習支援クラウドサービスClassi(クラッシー)の加藤理啓(りけい)副社長は、11月に東京・霞が関で行われた一般社団法人デジタル教科書教材協議会(DiTT)のシンポジウムで、こう指摘しました。

41歳といえば、働き盛りです。今の子どもたちは、学校を卒業して、そんな時代の社会に出ていくことになるのです。しかも「100歳寿命時代」のなか、人生はその後も60年ほど続きます。人口減少社会にあっては、65歳を超えても働き続けることが当たり前になっていることでしょう。そんな「ポスト(次の)シンギュラリティー世代」にとって、今の大人の働き方は、必ずしも通用しません。

一方で、文部科学省「高大接続システム改革会議」の委員も務めた東北大学大学院の乾健太郎教授は、大学入学共通テストの記述式問題で、AIが自動添削・採点をすべて行うのは「無理だ」と断言しました。AIは、人間のように文章の意味を正確に理解したり、行間を読んだりすることができないからです。しかし、「補助」はできるといいます。

AI時代にも、人間にしかできない仕事は残ります。しかし、機械の手を借りればよい仕事は、どんどん省力化されることになるわけです。

続きを読む

「ライフ」のランキング