産経ニュース

【羽生永世七冠】終盤、指し手が何度か震えた…“羽生マジック”で史上初の快挙

ライフ ライフ

記事詳細

更新

【羽生永世七冠】
終盤、指し手が何度か震えた…“羽生マジック”で史上初の快挙

渡辺明・前竜王に勝利し「永世7冠」となった羽生善治・新竜王=5日午後、鹿児島県指宿市(沢野貴信撮影) 渡辺明・前竜王に勝利し「永世7冠」となった羽生善治・新竜王=5日午後、鹿児島県指宿市(沢野貴信撮影)

 ここ数年、20代の若手が次々とタイトル戦に登場し、“世代交代”がささやかれる将棋界。羽生自身、今年は王位と王座を立て続けに奪われ、13年ぶりの一冠に後退。しかし、この日の竜王獲得でトップレベルの力を改めて見せつけた。

 羽生に憧れてプロ棋士になったという中村太地(29)はこう話す。「トップを極めても向上心を持ち続けている。変化が激しい将棋界で先頭に立ち続けていることはすごいことだ」(田中夕介)

(敬称略)

このニュースの写真

  • 終盤、指し手が何度か震えた…“羽生マジック”で史上初の快挙
  • 終盤、指し手が何度か震えた…“羽生マジック”で史上初の快挙
  • 終盤、指し手が何度か震えた…“羽生マジック”で史上初の快挙
  • 終盤、指し手が何度か震えた…“羽生マジック”で史上初の快挙
  • 終盤、指し手が何度か震えた…“羽生マジック”で史上初の快挙
  • 終盤、指し手が何度か震えた…“羽生マジック”で史上初の快挙
  • 終盤、指し手が何度か震えた…“羽生マジック”で史上初の快挙

関連ニュース

「ライフ」のランキング