産経ニュース

【羽生永世七冠】終盤、指し手が何度か震えた…“羽生マジック”で史上初の快挙

ライフ ライフ

記事詳細

更新

【羽生永世七冠】
終盤、指し手が何度か震えた…“羽生マジック”で史上初の快挙

渡辺明・前竜王に勝利し「永世7冠」となった羽生善治・新竜王=5日午後、鹿児島県指宿市(沢野貴信撮影) 渡辺明・前竜王に勝利し「永世7冠」となった羽生善治・新竜王=5日午後、鹿児島県指宿市(沢野貴信撮影)

 この日も羽生善治新竜王(47)の指し手は震えていた-。将棋界の第一人者は、史上初の「永世七冠」をかけた渡辺明前竜王(33)との大一番で自信にあふれた完璧な指し回しでタイトルを奪取。数々の大記録を打ち立てた大山康晴十五世名人や、中原誠十六世名人でさえなしえなかった快挙を成し遂げた。

 鹿児島県指宿(いぶすき)市で行われた第30期竜王戦第5局。5日は中盤以降、渡辺は時折頭を抱え苦しげな内面をうかがわせた。終盤、勝勢になると震えるという羽生の指し手が何度か震えた。午後4時23分、渡辺は力尽きたかのように投了した。

 昭和60年、15歳で史上3人目の中学生プロ棋士としてデビューし、史上最年少の19歳で初タイトルの竜王を獲得。平成8年2月には王将戦で、ライバルの谷川浩司からタイトルを奪い、25歳で史上初の全七冠制覇を達成した。その後も“異次元”の強さで、将棋界に歴史を刻んできた。

 その強さの一つに“羽生マジック”と呼ばれる終盤力がある。対局相手が予想もしないような絶妙手を中終盤に繰り出し、数々の逆転劇を生み出してきたのだ。「神武以来の天才」と呼ばれ、今年現役を引退した加藤一二三(77)は自著「羽生善治論-『天才』とは何か」で、その戦術を「状況を複雑にし、相手の出方を利用して返し技を仕掛ける」と分析し、「私には絶対にできない」と絶賛する。

続きを読む

このニュースの写真

  • 終盤、指し手が何度か震えた…“羽生マジック”で史上初の快挙
  • 終盤、指し手が何度か震えた…“羽生マジック”で史上初の快挙
  • 終盤、指し手が何度か震えた…“羽生マジック”で史上初の快挙
  • 終盤、指し手が何度か震えた…“羽生マジック”で史上初の快挙
  • 終盤、指し手が何度か震えた…“羽生マジック”で史上初の快挙
  • 終盤、指し手が何度か震えた…“羽生マジック”で史上初の快挙
  • 終盤、指し手が何度か震えた…“羽生マジック”で史上初の快挙

関連ニュース

「ライフ」のランキング