産経ニュース

【羽生永世七冠】「思い切っていこうと思った」と羽生善治棋聖 史上初の永世七冠達成に「実感はない」

ライフ ライフ

記事詳細

更新

【羽生永世七冠】
「思い切っていこうと思った」と羽生善治棋聖 史上初の永世七冠達成に「実感はない」

渡辺明・前竜王に勝利し、記者会見する羽生善治・新竜王=5日午後、鹿児島県指宿市(沢野貴信撮影) 渡辺明・前竜王に勝利し、記者会見する羽生善治・新竜王=5日午後、鹿児島県指宿市(沢野貴信撮影)

 将棋の第30期竜王戦七番勝負(読売新聞社主催)の第5局が4、5の両日、鹿児島県指宿市で行われ、挑戦者で先手の羽生善治棋聖(47)が87手で渡辺明竜王(33)に勝ち、対戦成績4勝1敗でタイトルを奪取した。これで通算7期目の竜王獲得で「永世竜王」の資格も得て、これまで保持している6つの永世世称号を合わせ、史上初の「永世七冠」を達成した。

 自身がもつ通算タイトル獲得記録は99期となり、100期の大台まであと1期に迫った。

 羽生新竜王は平成7年から20年にかけ、永世称号制度のある7タイトルのうち、永世棋聖、永世名人、永世王位、名誉王座、永世棋王、永世王将の6つの資格を得た。竜王を6期獲得し、永世竜王まであと1期に迫っていた羽生新竜王は、20年と22年にも渡辺前竜王に挑戦したが、いずれも阻まれた。今回、7年ぶりの挑戦で前人未到の偉業を達成した。

 羽生善治新竜王の話「今シリーズはせっかくの機会なので、思い切って積極的にいこうと思っていた。今はほっとしている。(永世七冠を達成し)まだ終わったばかりなので実感はない」

このニュースの写真

  • 「思い切っていこうと思った」と羽生善治棋聖 史上初の永世七冠達成に「実感はない」
  • 「思い切っていこうと思った」と羽生善治棋聖 史上初の永世七冠達成に「実感はない」
  • 「思い切っていこうと思った」と羽生善治棋聖 史上初の永世七冠達成に「実感はない」
  • 「思い切っていこうと思った」と羽生善治棋聖 史上初の永世七冠達成に「実感はない」

「ライフ」のランキング