産経ニュース

北極海中央部公海の商業漁業禁止へ 各国が大筋合意

ライフ ライフ

記事詳細

更新


北極海中央部公海の商業漁業禁止へ 各国が大筋合意

北極海の海氷上のホッキョクグマ=2017年8月(タス=共同) 北極海の海氷上のホッキョクグマ=2017年8月(タス=共同)

 【モスクワ=黒川信雄】ロシアや米国、カナダなど北極海沿岸国と日本、中国、欧州連合(EU)など計10の国・機関は3日までに、地球温暖化による氷の溶解で海表面の拡大が見込まれる北極海中央部の公海での商業漁業を禁止することで大筋合意した。ロイター通信などが報じた。

 同海域をめぐる国際的な管理体制を整えるまでの措置で、16年間禁止し、その後は必要に応じて延長されるという。温暖化による氷の減少で商業漁業の実現性が高まる同海域だが、無秩序に実施されれば北極海全体の生態系に深刻な影響を与えかねず、米国のオバマ前政権などが禁止に向けた働きかけを行っていた。同海域での商業漁業は現時点では行われておらず、今回の合意は予防的措置の意義がある。

 協議には米国、ロシア、ノルウェー、デンマーク、カナダの北極海沿岸5カ国のほか、日本、中国、韓国、アイスランド、EUが参加した。各国は今後、同海域の生態系などを調査し、商業漁業が将来的に可能かを判断するという。

 北極海の氷は急激に減少しており、21世紀半ばまでに夏季の氷がほぼ消滅する可能性も指摘されている。

このニュースの写真

  • 北極海中央部公海の商業漁業禁止へ 各国が大筋合意
  • 北極海中央部公海の商業漁業禁止へ 各国が大筋合意

「ライフ」のランキング