産経ニュース

ソフトバンクが所得隠し 1・4億円、開発費巡り 全体の申告漏れは約62億円

ライフ ライフ

記事詳細

更新


ソフトバンクが所得隠し 1・4億円、開発費巡り 全体の申告漏れは約62億円

 外注した開発経費の計上を巡り、ソフトバンクグループの通信事業会社ソフトバンク(東京)が、東京国税局から約1億4千万円の所得隠しを指摘されていたことが3日、関係者への取材で分かった。重加算税を含む追徴税額は約4500万円とみられる。同社によると、2015年3月期までの3年間で、経理ミスなども合わせた申告漏れ総額は約62億円で、全体の追徴税額は約17億円。

 同社は「見解の相違を伝えた上で国税局と議論・検討した結果、修正申告した」としている。

 同社や関係者によると、指摘を受けたのは同社が外部メーカーに委託した装置の開発事業。決算期までに開発が完了したとして約1億4千万円を経費計上していたが、実際には開発は終わっておらず、一部しか納品されていなかったという。

 税務上、外部委託した開発費は、開発が完了するまで経費に計上できない。同社が未納分も決算期までに納品されたように書類を装っていたことなどから、国税局は仮装隠蔽を伴う所得隠しに当たるとみなしたもようだ。これとは別に、通信設備の資産価値の目減り分を、耐用年数に応じて分割計上する減価償却費などを巡って約60億円の申告漏れも指摘された。

「ライフ」のランキング