産経ニュース

【天皇陛下譲位】「ご公務、お疲れさまでした」 東北各県から感謝の声

ライフ ライフ

記事詳細

更新

【天皇陛下譲位】
「ご公務、お疲れさまでした」 東北各県から感謝の声

集まった人たちと言葉を交わされる天皇、皇后両陛下=平成28年3月17日、宮城県女川町(宮川浩和撮影) 集まった人たちと言葉を交わされる天皇、皇后両陛下=平成28年3月17日、宮城県女川町(宮川浩和撮影)

 皇室会議が開かれ、天皇陛下の譲位日を平成31年4月30日とし、皇太子さまが5月1日に即位され改元することが決まった1日、東北各県からは、「ご公務、お疲れさまでした」などと、天皇陛下をいたわり、その活動に感謝する声が聞かれた。

 青森

 平成2年に三沢市で行われた「第10回全国豊かな海づくり大会」に当時、県職員として携わった県信用保証協会の長谷川義彦会長(74)。誕生日が天皇陛下と同じ12月23日ということもあり、「不思議なご縁を感じる」と振り返り、「今後はお体を大事にいつまでも元気で過ごしていただきたい」と話した。

 また当時、八戸水産高2年で同大会の魚の放流行事に参加し、天皇陛下に稚魚が入ったバケツを手渡した県水産振興課の高山治主幹(45)は「とにかく緊張しました。放流が終わり、天皇陛下が席に戻られる際、『ありがとう。これからも頑張ってください』とお声を掛けられ、温かいお人柄が印象に残っています」と思い起こした。

続きを読む

関連トピックス

「ライフ」のランキング