産経ニュース

【天皇陛下譲位】譲位の「萌芽」9年前に 老いと体力低下実感され 務めを果たせぬ天皇との思い

ライフ ライフ

記事詳細

更新

【天皇陛下譲位】
譲位の「萌芽」9年前に 老いと体力低下実感され 務めを果たせぬ天皇との思い

新年一般参賀で、集まった人たちに手を振られる天皇陛下=1月2日(共同) 新年一般参賀で、集まった人たちに手を振られる天皇陛下=1月2日(共同)

 「この窓は開きますか」

 11月17日、鹿児島県・与論島。空港から視察先の海岸へ向かう車中、天皇陛下が側近に尋ねられた。外は島特有の風と雨。天皇、皇后両陛下は普段は使わないバスで移動されていた。

 側近が窓を開けると、雨とともに、沿道の島民の歓声が舞い込んだ。両陛下は人垣に合わせ、右に左にと座席をご移動。身を乗り出すように手を振り続けられ、席が温まることはなかった。

 夕方。視察を終え宿舎に戻った陛下は、傘を持たず出迎えの島民に歩み寄られた。「ぬれてしまいます」。慌てる側近に、陛下の後へ続いた皇后さまが応じられた。「いいのよ。お部屋で着替えればいいだけですから」

 ともに83歳であられる両陛下。島での道中、皇后さまが坂道で足を引きずるように歩かれると、陛下はすぐに右手を差し出された。逆に陛下がつまずかれたとき、皇后さまは両手で支えられた。

 同23日夜、たいまつの明かりだけが照らす中、陛下はゆっくりとした足取りで皇居・神嘉殿に入られた。離島から帰京後、1日の休みもないまま臨まれた宮中祭祀「新嘗祭」。掌典職の一人は、伝統の御祭服をまとった陛下が正座から立ち上がっては拝礼を繰り返し、祈るご様子を帳の脇から見た。国民の前で手を振られる陛下とは、全く別のお姿だった。

続きを読む

このニュースの写真

  • 譲位の「萌芽」9年前に 老いと体力低下実感され 務めを果たせぬ天皇との思い
  • 譲位の「萌芽」9年前に 老いと体力低下実感され 務めを果たせぬ天皇との思い
  • 譲位の「萌芽」9年前に 老いと体力低下実感され 務めを果たせぬ天皇との思い
  • 譲位の「萌芽」9年前に 老いと体力低下実感され 務めを果たせぬ天皇との思い
  • 譲位の「萌芽」9年前に 老いと体力低下実感され 務めを果たせぬ天皇との思い

関連トピックス

「ライフ」のランキング