産経ニュース

【皇室会議】譲位の日程固まり、新元号は?運勢、商標…各界注視 

ライフ ライフ

記事詳細

更新

【皇室会議】
譲位の日程固まり、新元号は?運勢、商標…各界注視 

「高島易断」が出版する2018年版の暦本=11月28日(共同) 「高島易断」が出版する2018年版の暦本=11月28日(共同)

 新天皇の即位に伴う新たな元号は何で、いつ発表されるのか-。2019年5月の代替わりに向けて準備を進める関係者は、新元号制定の動きに目を向ける。

 「19年版の暦がきちんと出版できるか心配だ」。運勢鑑定の「高島易断」(東京)の高島龍照会長の不安は尽きない。例年、新年版の暦が店頭に並ぶのは前年の8月ごろ。印刷を始めるのはその年の4月のため、この時期までに新元号が発表されなければ製作に支障が出る。

 「運勢本暦」などの暦本を4種類出版。年間計約20万部を売り上げ、影響は大きい。高島会長は「元号が変わっても運命が変わるわけではない、と注釈を付けることも検討したい」と話す。

 企業活動に影響はあるのか。特許庁によると、平成の2文字が含まれる商標の出願件数は、平成に改元した1989年1月に118件と、月別で過去最多だった。同庁商標課担当者は「元号は国民に広く知られて覚えやすい。新元号にちなんだ商標を登録する動きが相次ぐ可能性が高い」と予測。ただ、窓口での対応は通常通りの見込みだ。

このニュースの写真

  • 譲位の日程固まり、新元号は?運勢、商標…各界注視 
  • 譲位の日程固まり、新元号は?運勢、商標…各界注視 
  • 譲位の日程固まり、新元号は?運勢、商標…各界注視 

「ライフ」のランキング