産経ニュース

埋葬施設は未盗掘か 埼玉・東松山の将軍塚古墳、4世紀後半の築造と判明 

ライフ ライフ

記事詳細

更新


埋葬施設は未盗掘か 埼玉・東松山の将軍塚古墳、4世紀後半の築造と判明 

将軍塚古墳測量図(早稲田大学提供) 将軍塚古墳測量図(早稲田大学提供)

 古墳の形状などから、4世後半説や5世紀末~6世紀初頭説など諸説あった同古墳の築造年代は4世紀後半と特定された。

 同市は今後も同古墳を傷つける発掘調査を行う予定はないが、埋葬施設の解明に向け、地中レーダー探査の周波数変更や金属反応調査などを検討する方針。

 同市埋蔵文化財センターは「前方部などが若干削られていたが、全体として墳形がよく残っていた。埋葬施設に棺は確認されず、木棺だった可能性が高い。遺物が残っている可能性はゼロではない」としている。

 同市の森田光一市長は「将軍塚古墳は市にとって宝物。保存もそうだが、さらに調査を進め、情報公開したい」と話した。

 将軍塚古墳は全長115メートル、後円部の高さ13メートル、前方部の高さ8メートルで、県内最大の前方後円墳「二子山古墳」(全長138メートル、行田市)などに並ぶ県内有数の規模を持つ。昭和35年に県史跡に指定されている。

このニュースの写真

  • 埋葬施設は未盗掘か 埼玉・東松山の将軍塚古墳、4世紀後半の築造と判明 

「ライフ」のランキング