産経ニュース

青いキク開発に成功 農研機構が公開

ライフ ライフ

記事詳細

更新


青いキク開発に成功 農研機構が公開

農研機構が開発した青いキク=つくば市藤本(篠崎理撮影) 農研機構が開発した青いキク=つくば市藤本(篠崎理撮影)

 茨城県つくば市の農業・食品産業技術総合研究機構(農研機構)は、遺伝子組み換え技術で開発した青色の菊を報道関係者に公開した。菊は日本の切り花出荷量の約4割を占めており、新色の開発で花束のデザインの幅や用途が広がりそうだ。

 農研機構によると、菊には青系の色素を作る遺伝子がなく、青はこれまで菊になかった色。農研機構は平成13年から研究を始め、青いバラの開発で実績があるサントリーグローバルイノベーションセンター(東京都港区)の協力を得て、青い花を咲かせるカンパニュラとチョウマメの遺伝子を菊に組み込み、青色の菊の開発に成功した。

 野生種と交雑する恐れがあるため、10年をめどに花粉と種子ができない品種を開発し、商品化したいとしている。

 農研機構の野田尚信上級研究員は「婚礼やお祝いなどさまざまなシーンで使ってもらい、花卉(かき)業界を活性化したい」と話している。

このニュースの写真

  • 青いキク開発に成功 農研機構が公開
  • 青いキク開発に成功 農研機構が公開

「ライフ」のランキング