産経ニュース

【書評】僻地医療をテーマに、人の「生死」鮮やかに 『満天のゴール』藤岡陽子著

ライフ ライフ

記事詳細

更新

【書評】
僻地医療をテーマに、人の「生死」鮮やかに 『満天のゴール』藤岡陽子著

藤岡陽子著『満天のゴール』 藤岡陽子著『満天のゴール』

 過疎、独居老人、医師のいない村…。いわゆる僻地(へきち)医療をテーマに、人の「生死」を鮮やかに描き出した小説。家族の成長や人と人との温かなつながりも描かれており、爽やかな読後感や生きることへの肯定感を覚えさせてくれる。

 主人公は夫に裏切られた33歳女性。10歳の息子と故郷に戻る場面から物語が始まる。著者は長年看護師として勤務し、過疎地で奔走する医師への密着取材も実施。文章からはリアルさと熱を感じる。

 タイトルは「満点」ではなく、「満天」のゴール。読み終えたとき、読者はこの題名の真意に気づくはずだ。(小学館・1400円+税)

「ライフ」のランキング