産経ニュース

シャンシャン公開へ準備着々 30年前は初日に1万2000人 全面禁煙も 東京・上野

ライフ ライフ

記事詳細

更新


シャンシャン公開へ準備着々 30年前は初日に1万2000人 全面禁煙も 東京・上野

観覧通路に面したガラスを触るシャンシャン。奥は母親のシンシン=6日、東京・上野動物園(東京動物園協会提供) 観覧通路に面したガラスを触るシャンシャン。奥は母親のシンシン=6日、東京・上野動物園(東京動物園協会提供)

 上野動物園(東京都台東区)のジャイアントパンダの子供、シャンシャン(香香、雌)が来月19日から一般公開されることが決まった。上野生まれのパンダ公開としてはユウユウ(雄)以来29年ぶりで、混雑するのは必至。動物園は園内の全面禁煙や、パンダ舎に人が集中しないよう対策を検討するなど、着々と準備を進めている。

 ユウユウの初公開は誕生から半年と1日後の昭和63年12月24日の土曜日だった。パンダ舎の前には長蛇の列ができ、入園者は初日が約1万2千人、翌日が約2万1千人。特に多くなったのは年明けで、平成元年1月16日には約7万人が訪れた。

 動物園の担当者は「ユウユウの時は生まれてから半年間、あまり情報発信していなかった。初公開で改めて注目されたのかもしれない」と話す。

 シャンシャンは、10日ごとに近況を公表。愛らしい動画や写真は大きく報じられ、会員制交流サイト(SNS)などを通じても広く知れ渡っている。「認知度が高く、より注目を集めている。どのくらい来園するのか、予測は難しい」

 動物園は混雑が激しい土日を避け、休園日明けとなる12月19日から一般公開することを決めた。

続きを読む

「ライフ」のランキング