産経ニュース

日本原電、24日に茨城・東海第2原発の運転延長申請を知事に伝達

ライフ ライフ

記事詳細

更新


日本原電、24日に茨城・東海第2原発の運転延長申請を知事に伝達

大井川和彦・茨城県知事(右)と面会した日本原子力発電の村松衛社長=21日午後、茨城県庁(上村茉由撮影) 大井川和彦・茨城県知事(右)と面会した日本原子力発電の村松衛社長=21日午後、茨城県庁(上村茉由撮影)

 日本原子力発電の村松衛社長は21日午後、茨城県庁で大井川和彦知事と面会し、来年11月で運転開始から40年となる東海第2原発(同県東海村)の運転期間の延長を24日に原子力規制委員会に申請すると伝えた。

 原発の運転は原則40年だが、規制委が認めれば1回に限り最長20年延長できる。村松氏は大井川氏に「住民にしっかり説明し、意見を聞いて誠意を持って進めたい」と述べた。

 東海第2は東京電力福島第1原発と同じ「沸騰水型」原子炉で、同型の延長申請は初めてとなる。これまでに、関西電力高浜原発1、2号機、同美浜原発3号機(いずれも福井県)の3基の運転延長が認められている。

このニュースの写真

  • 日本原電、24日に茨城・東海第2原発の運転延長申請を知事に伝達

関連ニュース

「ライフ」のランキング