産経ニュース

高齢者に多い「心不全」 予防に食事管理や禁煙、節酒

ライフ ライフ

記事詳細

更新


高齢者に多い「心不全」 予防に食事管理や禁煙、節酒

 心臓の機能に障害が起き、体にさまざまな症状が出る「心不全」。自覚症状があっても心不全と気付かずに放置し、悪化させてしまう人は少なくない。高齢化の進行にともなって患者の急増が心配されており、早期発見し適切な治療を行うことが喫緊の課題となっている。(平沢裕子)

学会が一般向け定義

 日本循環器学会と日本心不全学会が10月末、心不全を「心臓が悪いために息切れやむくみが起こり、だんだん悪くなり、生命を縮める病気」と一般向けにまとめた定義を公表した。人生の「末期の病気」と誤解する人が多い心不全について、正しく理解し、予防や早期発見・治療につなげたいためだ。

 心不全は、全身に血液を送り出すポンプの働きをする心臓が、ポンプ機能を果たせなくなり、体に症状が現れた状態(病態)のこと。現在の患者は約100万人だが、団塊世代が後期高齢者(75歳以上)となる8年後には120万人に急増すると推計されている。発症すると5年間で半数以上が亡くなり、大腸がんよりも予後が悪い。

続きを読む

「ライフ」のランキング