産経ニュース

新潟市 新プロジェクト発足 水田センサー活用し道路の冠水被害軽減へ 

ライフ ライフ

記事詳細

更新


新潟市 新プロジェクト発足 水田センサー活用し道路の冠水被害軽減へ 

センサーで水位を計測するシステム=17日、新潟市役所(松崎翼撮影) センサーで水位を計測するシステム=17日、新潟市役所(松崎翼撮影)

 ゲリラ豪雨や台風による浸水被害などが全国で相次ぐ中、新潟市は水田管理向けのICT(情報通信技術)を活用した新たな防災プロジェクトに乗り出した。リアルタイムで水位を計測できる通信機能付きのセンサーを排水溝に取り付け、冠水状況を迅速に把握し、雨の被害を最小限にとどめるのが狙いだ。

 同市は17日、センサーを提供するIT農業ベンチャーのベジタリア(東京都渋谷区)、メンテナンスを担う農業支援システムのウォーターセル(同市中央区)と、プロジェクトに関する連携協定を結んだ。市は降雨のデータを収集する。

 これまでは現場で直接確認していたが、センサーによって刻一刻と変わる冠水状況を常時把握できるとともに、担当者も事故に巻き込まれる危険を避けられるメリットがある。さらに蓄積したデータを基に降雨時の冠水を予測できるようになるという。

 既に9月中旬から、冠水しやすい同市西区内の道路の排水溝4カ所にセンサーを取り付け、水位を計測している。市は市内の冠水しやすい場所をさらに詳しく調べ、センサーの設置場所を増やすことも検討する。

続きを読む

「ライフ」のランキング