産経ニュース

羽生善治棋聖、藤井聡太四段もチャレンジしていない知のトライアスロンって何だ!?

ライフ ライフ

記事詳細

更新


羽生善治棋聖、藤井聡太四段もチャレンジしていない知のトライアスロンって何だ!?

第3回トライボーディアン日本選手権。手前の向かいあった2人は、将棋の対局中(伊藤洋一撮影) 第3回トライボーディアン日本選手権。手前の向かいあった2人は、将棋の対局中(伊藤洋一撮影)

 将棋、囲碁、オセロの3種目を1人が続けて対局する大会が11月4日、東京都内で行われた。目の前の相手には目もくれず、一心にスマートフォンやタブレット端末を指先で操作し続ける。失礼千万、スマホ中毒もここに至れり…とあ然とさせられる対局風景だが、実はこれ、ちゃんとルールに則っている。いったい、この不思議な大会とは…。

ボードゲームのトライアスロン

 この大会は「グロービス・トライボーディアン日本選手権」。将棋や囲碁の書籍を発行するマイナビ出版(東京都千代田区)が主催し、ビジネススクールを運営するグロービス(千代田区)が協賛したもので、今年が3回目になる。

 「初回が64人、昨年が73人、今回は大台にのりました」とマイナビ出版の島田修二・将棋書籍編集長。105人が参加した。関東周辺はもちろん、大阪、名古屋、熊本、岩手など遠方から駆けつけた人もいるにぎわいだった。

 1人の選手が水泳→ランニング→バイク(自転車)を同日に連続して挑むトライアスロンにちなみ、似て非なるボード(盤上)ゲームの囲碁→将棋→オセロ(リバーシ)を続けて行い、最強を決める頭脳バトルがこの“知のトライアスロン”「トライボーディアン」だ。

 対局では実物の将棋盤や碁盤、オセロ盤を使わない。オンラインゲーム「将棋クエスト」「囲碁クエスト」「リバーシ大戦」という3つの対戦型アプリケーション(ソフトウェア)を各自スマートフォンなどにインストールして戦う。

続きを読む

このニュースの写真

  • 羽生善治棋聖、藤井聡太四段もチャレンジしていない知のトライアスロンって何だ!?
  • 羽生善治棋聖、藤井聡太四段もチャレンジしていない知のトライアスロンって何だ!?
  • 羽生善治棋聖、藤井聡太四段もチャレンジしていない知のトライアスロンって何だ!?
  • 羽生善治棋聖、藤井聡太四段もチャレンジしていない知のトライアスロンって何だ!?
  • 羽生善治棋聖、藤井聡太四段もチャレンジしていない知のトライアスロンって何だ!?

「ライフ」のランキング