産経ニュース

【教育動向】英語が「得意」をさらに増やせ 2020年度には小3から必修

ライフ ライフ

記事詳細

更新

【教育動向】
英語が「得意」をさらに増やせ 2020年度には小3から必修

グローバル化がますます進む社会に出ていく子どもたちにとって、英語が「使える」ことは必須です。2020(平成32)年度から全面実施される小学校の学習指導要領で、3年生から「外国語活動」が必修化される(現在は5年生から)のも、そのためです。

しかし、心配することはありません。近年の英語教育の強化で、少なくとも大人より英語に抵抗感のない子どもが増えているからです。

大人に比べれば増える

インターネット調査会社のGMOリサーチが実施した「英語に関する意識調査」では、15~19歳の未成年と、20~59歳の大人に分けて、英語に対する意識の違いを比較しています。英語が「得意」(「とても」「やや」の合計、以下同様)と回答したのは、成人13.2%に対して、未成年は30.8%でした。

未成年だけ見れば、「得意ではない」が50.3%と半数を占めるため(「どちらでもない」は18.9%)、せっかく小5から外国語教育をしているのに効果がないじゃないか……とも思えます。しかし大人に比べれば、少なくとも英語を得意だと自分で思っている子どもが増えているようです。

同様に、英語に対する苦手意識が「ある」のも、未成年では62.4%を占めますが、成人の67.0%に比べれば減っているという見方もできます。もちろん大きな差ではありませんし、大人にとっての英語と、学校で勉強中の子どもにとっての「英語」には、違いがあるかもしれません。

ただ、諸外国に比べ、日常生活の中で英語を使う機会が少ない日本で暮らす人にとって、英語の苦手意識を克服することは、並大抵ではないでしょう。少なくとも大人に比べれば変化の兆しが表れている……と肯定的に読み取れる結果です。

続きを読む

「ライフ」のランキング