産経ニュース

横須賀「軍港めぐり」の乗客が、どんどん増えている理由

ライフ ライフ

記事詳細

更新


横須賀「軍港めぐり」の乗客が、どんどん増えている理由

全長248メートルの「いずも」。熊本地震が発生したとき、災害派遣に向かった 全長248メートルの「いずも」。熊本地震が発生したとき、災害派遣に向かった

鈴木:ひとつひとつじっくり調整していたら、いまだに実現していなかったかもしれません。法律上、横須賀湾にクルーズ船を走行させるのは問題なかったので、とりあえずやってみました。ただ、米海軍や海上自衛隊からすると「ここは自分たちの海だ」という意識があったのかもしれません。それまで自由に運航していたのに、クルーズ船がやって来ると、それを避けなければいけないので、「邪魔だなあ」「面倒だなあ」と感じた人が多かったと思うんですよね。

 ただ、法律上の問題はないからといって、何をやってもいいというわけではありません。例えば、お客さんがたくさんいるので、クルーズ船をどんどん運航させるのはよくありません。紳士協定のような形で、1日に通れる回数に制限を設けました。

 ちなみに、98年のとき、私は船長をしていました。停泊している艦船の横を通るときは……「怖かった」ですね(苦笑)。

案内人の解説が人気

土肥:2008年にいまの形の軍港めぐりがスタートしたわけですが、不安はなかったですか?

続きを読む

このニュースの写真

  • 横須賀「軍港めぐり」の乗客が、どんどん増えている理由
  • 横須賀「軍港めぐり」の乗客が、どんどん増えている理由

関連ニュース

「ライフ」のランキング