産経ニュース

【東京五輪】関鉄グループが東京五輪特別仕様のナンバーを導入 高速バスなど対象

ライフ ライフ

記事詳細

更新

【東京五輪】
関鉄グループが東京五輪特別仕様のナンバーを導入 高速バスなど対象

関東鉄道が導入した「東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会仕様ナンバープレート」(関東鉄道提供) 関東鉄道が導入した「東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会仕様ナンバープレート」(関東鉄道提供)

 関東鉄道グループは、2020年東京五輪・パラリンピックの開催を記念した特別仕様のナンバープレートを、運行するバスに順次導入している。

 導入するのは、東京五輪のサッカー競技会場となるカシマスタジアム(茨城県鹿嶋市)や鹿島神宮、水戸市、つくば市をはじめ茨城県内各地から、東京や京都、大阪などに向けて運行する関東鉄道の高速バス83台。同県鉾田市と東京を結ぶ関鉄グリーンバスの7台、ツアーや団体向けの貸し切りバスを運行する関鉄観光バス38台も対象となる。

 大会特別仕様のナンバープレートには、大会開催に必要となるバスやタクシーのバリアフリー化などの事業に使われる寄付金が含まれている。

「ライフ」のランキング