産経ニュース

氾濫する医療情報を見極めよう 学ぶタイミングは5~6歳が最適

ライフ ライフ

記事詳細

更新


氾濫する医療情報を見極めよう 学ぶタイミングは5~6歳が最適

NPO法人からだフシギのおはなし会で、消化器系の配置を表したTシャツを触り、小腸の長さなどを体感する幼児ら (同NPO提供) NPO法人からだフシギのおはなし会で、消化器系の配置を表したTシャツを触り、小腸の長さなどを体感する幼児ら (同NPO提供)

 医療情報が氾濫する中、自分の健康を自分で守るために情報を見極める「ヘルスリテラシー」の重要性が増している。子供のうちから体について学んでもらおうと、聖路加国際大学発のNPO法人からだフシギは、5~6歳を主な対象に健康教育のおはなし会を実施している。この年齢は体のことに興味を持ち始め、素直に話を聞いてくれる、最適なタイミングだという。(松田麻希)

内蔵Tシャツにくぎづけ

 「神経はどこでもつながっているの?」「(小腸より)大腸はちっちゃい!」。同NPOが開催する「からだのおはなし会」では、子供たちから盛んに声が上がる。

 体を消化器系、呼吸器系、泌尿器系など7系統に分け、そのうち1つを1回のテーマとして扱う。いくつかをシリーズにしておはなし会を実施することで理解を深める。たとえば、骨を扱った回の後に、脳や神経系を学べば、大事な脳を守るために頭蓋骨があることが理解できる。

 絵本や紙芝居のほか、消化器が体に収まっている様子を表した「内臓Tシャツ」を使って子供たちを引きつける。聖路加看護大学(現聖路加国際大学)の教職員や学生が主体となって活動を始め、これまで図書館や保育園、幼稚園で会を開催してきた。

続きを読む

このニュースの写真

  • 氾濫する医療情報を見極めよう 学ぶタイミングは5~6歳が最適

「ライフ」のランキング