産経ニュース

【解答乱麻】無償化の前に教育の中身論じよ 子供の実態、教育現場の実態に即した政策でない ジャーナリスト・細川珠生

ライフ ライフ

記事詳細

更新

【解答乱麻】
無償化の前に教育の中身論じよ 子供の実態、教育現場の実態に即した政策でない ジャーナリスト・細川珠生

 高等教育を無償化するのであれば、一定の線引きは必要である。それが学力なのか、意欲なのか、伸びしろなのか、統一的な基準を作るのはとても困難だ。方法は2つあると思う。一つは、大学の教員が自らの責任において評価すること。もう一つは成績という客観的な指標で選別するということだ。自己責任意識の低い日本人の特性に照らし合わせれば、後者を選択することになろう。

 成績重視であれば、「一定の学力に達する」までにお金がかかる。日本の高校では、学校での授業だけでは大学受験レベルに達しないことも問題である。

 自民党の教育政策に不信感を抱く最大の理由は、子供の実態、教育現場の実態に即した政策ではないという点だ。もっと現場の声を幅広く吸い上げて政策立案してもらいたい。

                  

【プロフィル】細川珠生

 ほそかわ・たまお 元東京都品川区教育委員。ラジオや雑誌でも活躍。父親は政治評論家の故細川隆一郎氏。千葉工業大理事。

「ライフ」のランキング