産経ニュース

【大学ナビ】ものづくり革命はディープラーニングから

ライフ ライフ

記事詳細

更新

【大学ナビ】
ものづくり革命はディープラーニングから

 ■東大シンポで松尾特任准教授

 「ディープラーニングは今この瞬間に起こっているイノベーション(技術革新)。だから産業上のチャンスは大きく、知能の研究としても本質的な分野だ」-。東京大学農学部キャンパス(東京都文京区)で今月6日、「社会連携・産学協創推進室シンポジウム」が開かれ、登壇したわが国のディープラーニング研究の第一人者、松尾豊・東大大学院工学系研究科特任准教授は冒頭、そう強調した。

 松尾准教授は、カンブリア紀の初期(5億数千万年前)に現在みられる動物の「門」の多くが爆発的に出現した現象「カンブリア爆発」の原因は「眼(め)の誕生」にあるとする説を引用。「ディープラーニングによって機械が眼を持つようになった。今後、可能なタスク(業務)の幅が圧倒的に増えるようになる」と解説した。

 また松尾准教授は「“眼をもつ機械”によって産業機械や医療機器をはじめ、さまざまな領域で今までにないものづくりが期待できる」と指摘。一方で「これはチャンスだが、大きな危機感も抱いている。一つはあっという間にAI先進国となった中国の存在。放っておくと中国が技術力で圧倒しかねない。日本としてはいかに早く動くかが非常に重要だ」と述べた。

「ライフ」のランキング