産経ニュース

【健康カフェ】(103)糖尿病 50歳で発症すると生涯の治療費は1400万円

ライフ ライフ

記事詳細

更新

【健康カフェ】
(103)糖尿病 50歳で発症すると生涯の治療費は1400万円

 50代男性が健康診断で重度の糖尿病を指摘され、クリニックを受診しました。糖尿病のコントロールの指標であるHbA1c(過去1~2カ月の血糖値の平均値、6・5%以上が糖尿病)が10%あり、すぐに治療を開始しました。男性は以前から糖尿病予備群と指摘されていたのですが、痛みもなく体調もよかったので、治療しようとは思わなかったそうです。

 治療を始めたことで血糖値は下がり始めましたが、次第に受診の間が開くようになりました。治療費を払うと生活が苦しくなるというのが理由でした。病気の治療にはそれなりのお金がかかります。糖尿病の場合、合併症が発症すればさらに多額の費用が必要となります。

 米国では50歳で糖尿病を発症した場合、生涯の治療費は1400万円かかると試算されています。日本でも同じぐらいの費用がかかるとみられます。もちろん、健康保険がありますから自身で全額払うわけではありませんが、国の医療費負担の増大は好ましいことではありません。

 9月に日本の糖尿病患者が1千万人超と発表されましたが、糖尿病は予備群も1千万人いると推計されています。予備群から糖尿病となるのを防ぐことは、個人の健康にいいだけでなく、国の医療費を抑える意味でも重要です。

続きを読む

「ライフ」のランキング