産経ニュース

マダニにかまれ発症…増える「SFTS」患者 野良猫から感染も 有効な治療薬なく

ライフ ライフ

記事詳細

更新


マダニにかまれ発症…増える「SFTS」患者 野良猫から感染も 有効な治療薬なく

 マダニが媒介するウイルス感染症「重症熱性血小板減少症候群(SFTS)」の患者数が増加している。今年は、今月1日時点で85人と過去最多になった。先月には初めて、イヌからヒトへの感染例も報告されている。国立感染症研究所ウイルス第一部の西條政幸部長に、対策を聞いた。(油原聡子)

                   

 SFTSは、2011年に中国の研究者が発見したウイルスが原因だ。主に、ウイルスを持つマダニにかまれることで感染する。日本のほか、中国や韓国でも患者が報告されている。

 マダニは、森林など屋外に生息する大型のダニ。西條部長は「SFTSウイルスを持つマダニは5%程度です。かまれても必ずしも感染するわけではありませんが、感染するとほぼ発症します」と説明する。

 日本国内でヒトへの感染に関わっているのは、「フタトゲチマダニ」と「タカサゴキララマダニ」だ。

続きを読む

このニュースの写真

  • マダニにかまれ発症…増える「SFTS」患者 野良猫から感染も 有効な治療薬なく
  • マダニにかまれ発症…増える「SFTS」患者 野良猫から感染も 有効な治療薬なく
  • マダニにかまれ発症…増える「SFTS」患者 野良猫から感染も 有効な治療薬なく
  • マダニにかまれ発症…増える「SFTS」患者 野良猫から感染も 有効な治療薬なく

「ライフ」のランキング