産経ニュース

女声だけのアンサンブル「ヴィエバルト」の廣瀬かすみ&横森由衣が語る~12月8日クリスマスコンサート 

ライフ ライフ

記事詳細

更新


女声だけのアンサンブル「ヴィエバルト」の廣瀬かすみ&横森由衣が語る~12月8日クリスマスコンサート 

クリスマスコンサートをPRする横森由衣(写真左)&廣瀬かすみ クリスマスコンサートをPRする横森由衣(写真左)&廣瀬かすみ

廣瀬 たくさんありますが、演奏後に、演奏者とお客さまが一体となって笑顔になれたときが私にとって一番うれしい瞬間ですね。近い距離での演奏時、「よかったね」なんて話す声が聞こえてきたらもう最高です。苦しいことは、「苦しい」と声に出して言えないことです。ピアノ奏者は弾けて当たり前だと思われがち。理想像にほど遠くて停滞期が長かったりしますが、それでも「苦しい」とは言いません。伴奏者がソリストに不安要素を与えることは、もってのほかだと思います。

横森 自分の演奏でお客さまが喜んでくれたときは本当にうれしいですね。歌声に涙ぐんでくれる方がいたりするとエネルギーになります。苦しいことは、私は大学院を修了してやっとスタートに立てた状態なので、今後のことを考えると不安になったりします

--お休みの日は何をしている

廣瀬 舞台やミュージカルを見ることが好きで、よく劇場に足を運んでいます。芸術の中でも違うジャンルから、クラシックにない視覚的なことに興味があり、ストーリーや演出に注目してみていますね。あとは、プロレス観戦も大好き。新日(新日本プロレス)がお気に入りで鈴木みのるの大ファンなんです。彼のスリーパーを見ていつも感動しています。あとはお酒とおいしいものが大好きで、生肉、生魚、生野菜、生果物には目がありません(笑)

横森 大学時代に野球の面白さを知り、観戦に出かけたりしています。巨人の大ファン。好きな選手? 坂本さん(内野手)です! スタイリッシュなところがいいですね

続きを読む

「産経 日本を楽しむプロジェクト」SNSアカウント

公式SNSアカウント

Facebook Twitter

「ライフ」のランキング