産経ニュース

【チバニアン】地球史に「千葉時代」誕生へ 日本初の地質年代名、国際審査でイタリア破る

ライフ ライフ

記事詳細

更新

【チバニアン】
地球史に「千葉時代」誕生へ 日本初の地質年代名、国際審査でイタリア破る

地質年代と日本の基準地候補 地質年代と日本の基準地候補

 この年代の境界となる約77万年前は、地球の磁気が南北で逆転する現象が最後に起きたことで知られる。イタリアの地層はこの現象を示すデータが不十分だったのに対し、千葉県の地層は明瞭に確認できることが評価されたとみられる。

 地質年代は、その年代の境界が最もよく分かる地層が世界の基準地として選ばれ、地名に由来する年代名が付けられる。これまでは欧州による命名が多く、アジアでは中国の名称が認定されていた。

 ■地質年代 地球誕生から現在までの46億年を時代ごとに区切ったもの。生物や気候、地球の磁気の特徴などを基に決める。古生代、中生代などの大きな区分のほか、100を超える小さな区分があり、地球の歴史や成り立ちを探る地質学の基本的な物差しになっている。約3400万年前以降の年代名はイタリアが大半を命名した。

このニュースの写真

  • 地球史に「千葉時代」誕生へ 日本初の地質年代名、国際審査でイタリア破る
  • 地球史に「千葉時代」誕生へ 日本初の地質年代名、国際審査でイタリア破る

関連ニュース

「ライフ」のランキング