産経ニュース

東北6県、魅力度ランキングで最高位は宮城、最低の県は?「宣伝下手」で評判も

ライフ ライフ

記事詳細

更新


東北6県、魅力度ランキングで最高位は宮城、最低の県は?「宣伝下手」で評判も

 全国の知事が気にするランキングが毎年10月に発表される。民間調査会社「ブランド総合研究所」(東京)がまとめる「都道府県魅力度ランキング」だ。東北は宮城県の13位が最高で青森17位、秋田24位、岩手、福島がともに34位。山形は38位と昨年より順位を下げた。ランキングは都道府県の人気を示すだけではなく、地域の課題なども示唆し、知事のトップセールスにも影響を与えている。(柏崎幸三)

 調査は、47都道府県の魅力度や認知度を20~70代の約3万人以上を対象に「魅力的だ」と肯定的に回答した人の比率をランキング化。昨年ワースト3だった茨城、栃木、群県の北関東の3県だが、今年は群馬41位、栃木43位と脱出。栃木県の福田富一知事は「地域資源の磨き上げや戦略的な情報発信、県の愛着と誇りの醸成に取りくんだ」と1年間の努力に胸を張った。

 一方の茨城県。NHK朝ドラ「ひよっこ」では有村架純さんが演じるヒロインが同県の架空の村「奥茨城村」出身という設定で、ロケ地になった県北部の6市町は「茨城県北『ひよっこ』推進協議会」を設立。土産品にロゴマークを付けるなど攻勢を仕掛けたが、5年連続最下位だった。

 ■リンゴ知事、青森

続きを読む

「ライフ」のランキング