産経ニュース

【書評】「常識覆す大発見」導く力 『技術屋の王国 ホンダの不思議力』片山修著

ライフ ライフ

記事詳細

更新

【書評】
「常識覆す大発見」導く力 『技術屋の王国 ホンダの不思議力』片山修著

 私たちが知るホンダの正式名称は本田技研工業である。

 四輪のF1グランプリ、二輪のロードレース世界選手権など、レースで大活躍したのも、自動車の排出ガスの一酸化炭素、炭化水素、窒素酸化物をいきなり10分の1にせよという極めて厳しい米国の排ガス規制法を世界で初めてクリアしたのもホンダだった。

 「すべての人間は技術の前に平等」とは創業者、本田宗一郎の言葉だ。

 だが、本書が主に扱うのは自動車でもバイクでもなく、富裕層向けの小型ジェット機「ホンダジェット」である。責任者がまず最初にやったのは、実現不可能とも思える目標を掲げることだった。

 「シビックに羽根をつけたような飛行機を作ろう」

 自動車やバイクのエンジンしか知らない“素人”が、イチからジェットエンジンに取り組むのだからあきれる。飛行機の機体を作った経験のある社員はひとりもいなかった。

 ライバル会社のトヨタから、鳥人間コンテストに熱中していた人間を引き抜いた。

 大学で航空力学を専攻していた若手を集め、アメリカの大学に100万ドルの寄付をして機体づくりのイロハを教えてもらった。

続きを読む

「ライフ」のランキング