産経ニュース

アジアゾウのゆめ花「妊活でしばらく留守にします」 「市原ぞうの国」から沖縄に旅立つ

ライフ ライフ

記事詳細

更新


アジアゾウのゆめ花「妊活でしばらく留守にします」 「市原ぞうの国」から沖縄に旅立つ

筆で絵を描くゾウのゆめ花=8日、千葉県市原市山小川の市原ぞうの国(牧山紘子撮影) 筆で絵を描くゾウのゆめ花=8日、千葉県市原市山小川の市原ぞうの国(牧山紘子撮影)

 「市原ぞうの国」(千葉県市原市山小川)で飼育されているアジアゾウの雌のゆめ花(10歳)が8日、繁殖のため沖縄に旅立った。日本生まれのゾウが妊娠・出産したケースはないといい、関係者の期待が高まる。

 お相手は「琉人」

 同園で誕生したゆめ花は、国内で生まれたアジアゾウとしては最年長で、自身も国内で初めて母親からの授乳で育った。また、2歳から鼻で筆を持ち始め、絵や漢字を書くことができる人気者だ。同園には、繁殖に適した雄が父親のテリーしかいないため、今回の沖縄行きが決まった。

 “妊活”のお相手は、沖縄こどもの国(沖縄県沖縄市)の雄の琉人(14歳)。すでに娘がいるという。ゆめ花が琉人を気に入って妊娠すれば、市原に戻って出産と子育てをする。

 市原ぞうの国は昨年5月、「ゆめ花をママに!」プロジェクトをスタート。ゆめ花が描いた絵を無料通信アプリ「LINE」のスタンプとして販売したり、寄付を募ったりした。沖縄県での滞在費用や移動費などにかかる目標額の2千万円が11月上旬に集まった。

続きを読む

このニュースの写真

  • アジアゾウのゆめ花「妊活でしばらく留守にします」 「市原ぞうの国」から沖縄に旅立つ
  • アジアゾウのゆめ花「妊活でしばらく留守にします」 「市原ぞうの国」から沖縄に旅立つ

「ライフ」のランキング