産経ニュース

プロ登竜門・三段リーグ開幕 里見女流五冠に迫る「上限26歳」 最強女流棋士 最後の挑戦

ライフ ライフ

記事詳細

更新


プロ登竜門・三段リーグ開幕 里見女流五冠に迫る「上限26歳」 最強女流棋士 最後の挑戦

悲願のプロ棋士を目指し、三段リーグに挑む里見香奈女流五冠=大阪市の関西将棋会館 悲願のプロ棋士を目指し、三段リーグに挑む里見香奈女流五冠=大阪市の関西将棋会館

最強女流棋士 最後の挑戦

 将棋の女流棋士、里見香奈女流五冠(25)が女性初の「棋士」を目指し挑戦する第62回奨励会三段リーグが開幕した。女流棋士として圧倒的な強さを誇る一方、過去4回挑んだ三段リーグではいずれも厚い壁に阻まれた。今回、原則26歳の年齢制限をリーグ途中で迎え、勝ち越さなければ退会となる。「今できることを自覚し、こつこつやっていきたい」。正念場を迎えた里見女流五冠の最後の挑戦に注目が集まる。(中島高幸)

                   

 10月21日に始まった第62回奨励会三段リーグは、36人が参加。来年3月までの半年間、1人が18局指し、原則として上位2人がプロとして四段に昇段できる。女性は里見女流五冠のほか、西山朋佳三段(22)が参加している。

 島根県出雲市出身の里見女流五冠は平成16年、中学1年で棋士とは別制度の女流棋士となった。現在、6つある女流タイトルのうち、女流名人など5つを保持し、女流棋士の第一人者として活躍中だ。終盤の強さから「出雲のイナズマ」とも呼ばれる。

続きを読む

このニュースの写真

  • プロ登竜門・三段リーグ開幕 里見女流五冠に迫る「上限26歳」 最強女流棋士 最後の挑戦

「ライフ」のランキング