産経ニュース

【秋の褒章】将棋棋士の森内俊之九段 羽生善治棋聖より早く永世名人 「棋士として一番の勲章を手に入れることができた」

ライフ ライフ

記事詳細

更新

【秋の褒章】
将棋棋士の森内俊之九段 羽生善治棋聖より早く永世名人 「棋士として一番の勲章を手に入れることができた」

会見で記者の質問に答える森内俊之九段=東京・千駄ヶ谷の将棋会館(酒巻俊介撮影) 会見で記者の質問に答える森内俊之九段=東京・千駄ヶ谷の将棋会館(酒巻俊介撮影)

紫綬褒章 棋士の森内俊之九段(47)

 《将棋界からの褒章受章は、春の紫綬褒章の佐藤康光・日本将棋連盟会長に次いで14人目》

 --春の紫綬褒章の佐藤会長に続いての受章、今の気持ちを

 「将棋界で受章しているのは偉大な先輩ばかり。受章を聞いて、びっくりしたと同時にいただいていいのかと葛藤があった。名誉なことで考えた末、お受けすることにした。春の佐藤さんに続き、将棋界からの受章。将棋界としてうれしい。名誉なことと思っている」

 《勝浦修九段門下で昭和57年、奨励会に入会し、16歳でプロデビュー。「羽生世代」の一人として順調に昇級を重ねた。しかし、タイトルとは縁がなく、悩んだ時期もあった》

 --初タイトルが31歳のときの名人。そのときの気持ちは

 「小学6年生のときに奨励会に入り、16歳でプロになった。しかし、なかなかタイトルが取れず、悩んだ時期があった。31歳で名人に挑戦し、獲得できた。時間がかかったが、一つのことを成し遂げたという強い達成感があった」

 《羽生善治棋聖と名人のタイトルを分け合う時期があり、羽生棋聖よりも1年早く永世名人の資格(通算5期)を得た》

続きを読む

このニュースの写真

  • 将棋棋士の森内俊之九段 羽生善治棋聖より早く永世名人 「棋士として一番の勲章を手に入れることができた」
  • 将棋棋士の森内俊之九段 羽生善治棋聖より早く永世名人 「棋士として一番の勲章を手に入れることができた」

「ライフ」のランキング