産経ニュース

【歴史戦】ユネスコ世界の記憶 慰安婦登録送り報道に林芳正文科相「報告受けていない」 

ライフ ライフ

記事詳細

更新

【歴史戦】
ユネスコ世界の記憶 慰安婦登録送り報道に林芳正文科相「報告受けていない」 

林芳正文部科学相 林芳正文部科学相

 国連教育科学文化機関(ユネスコ)の歴史的文書や映像フィルムなどを認定する事業「世界の記憶(記憶遺産)」の登録可否を審査していた国際諮問委員会が、慰安婦関連資料の登録見送りを勧告するとの一部報道について、林芳正文科相は「10月18日の執行委員会で関係者に対し対話、相互理解の尊重に従うよう求める決議が採択されている。決議の精神に基づいて対処されるよう期待している」と述べるにとどめた。ただ、審査結果については報告を受けていないという。

 慰安婦関連資料は、日中韓を含む8カ国・地域の民間団体などと、日本の保守系団体などがそれぞれ見解の異なる申請をしていた。

 記憶遺産をめぐっては、2015年10月に中国申請の「南京大虐殺文書」一方的に登録されたのを受け、日本政府が登録手続きの透明性確保など制度改善を要請。今月のユネスコ執行委員会で反対意見の聴取などを盛り込んだ改善案が承認され、今回から適用されるか注目されていた。

「ライフ」のランキング